FC2ブログ

創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

04-01

2019

今日から4月。

 今日から4月である。
 多くの官庁や企業にとってと同じように、会社にとっても今日から新しい年度である。
 今日午前中に「新元号」とやらが発表になるらしいが、大騒ぎするほどのことでもあるまい。
 「元号」の成り立ちや歴史的経過をみれば、きわめて危うい問題を含んでいることがわかる。
 古代において、天皇の統治権を象徴するものが「元号」の制定と「暦」の制作権であった。
 今、「象徴天皇」には、そのいずれもがなくなっている。
 せいぜい「新元号」騒ぎが、政治的課題から目をそらすような、「政治利用」にならないように願うばかりである。

 木曜日はめずらしく穏やかな日。

 金曜日朝一に県議選の松田候補の出陣式に出席。早々と無競争当選。
 県議選に続き、市議選も無投票の可能性が大とか。
 国会も含めて、「政治の劣化」がはなはなだしい。こういうときに「ファシズム」が台頭する。
 
 土曜日は朝から走り回る。
 大きな現場に人が出払っているため、近くの現場や小さな工事は、一番暇な私に回ってくる。
 現場にいったり、業者との電話だったり打合せだったり、見積りだったりと、なかなかである。

 日曜日、朝一でお客様に見積り届け。決まったら今日から着工だという。
 10時にお客様来社。
 午後からロータリークラブのインターシティー・ミーティング。
 高校生の交換留学についての話し合い。
 5時から、反省会を兼ねての懇親会。
 早々と帰宅。先週は優等生みたいな生活であった。

 今日からも優等生になれるかどうか。

03-28

2019

春は遠い。

 春分の日前後に陽気が上がって、このまま春に一直線と思いきや、冬に戻ったようである。
 雪が芝生を白く染めたと思ったら、一転15度を超す気温になったり、雷が鳴ったりとめまぐるしい。

 月曜日、午前中は着工現場を見にいったり、外構工事の現場の下見をしたり。
 午後からは、お客さまの銀行ローンの実行の手続と土地取引の立会。

 火曜日、朝一に来客。
 銀行や郵便局を回った後、久しぶりにロータリーの例会。小松ガバナー補佐のスピーチ。
 終わって、業者さんと現場回りとリフォームのお客さん訪問。
 時間が空いたので、雪囲いの取外しをしようと、始めたのはいいが、途中から大きな雷の音と雨。
 中途半端にして会社に戻って仕事。

 水曜日、定休日。
 朝8時から雪囲いの取外しを再開した。前日と違って、朝はまだまだ寒い。
 なんとか午前中に終わることができた。
 会社に出社して、木曜日からの業務の準備。

 3時ころから、また庭の作業。雪囲いがなくなってしまうと、落ち葉や枯れ枝などが目立つようになる。
 少しはきれいにしようと思ったが、また雨が降ってきた。

 それにしても、まだ3月。いつもの年なら4月に始まる雪囲いの取外しは、我が家が近所で一番遅い。

 夕方に減っていた体重は、今朝見事に戻っていた。
 

03-25

2019

寒のもどり。

 木曜日、春分の日。区の総会で監査報告。
 慰労会を抜け出して仕事に戻る。

 金曜日、朝から冷たい風が吹いていた。
 11時から山形市で泌尿器科のクリニックと調剤薬局の新築工事の地鎮祭。
 テントも紅白の幕も準備したのだが、気温の低下と強風のため、震えながらの起工式。
 山形市内の現場を回った後、夕方から新規の契約。

 土曜日、朝起きてみると一面が雪で真白。
 出社時間には道路まで積りだした。
 寒の戻りとはこのことだろう。
 3日前の春の陽気とは一転して、真冬の寒さである。

 午前中は小口工事の対応で市内を行ったり来たり。
 午後から新規の契約と、工事内容の打合せ。
 寒さはおさまらず、早々と帰宅。

 日曜日、工事開始の現場をみたあと小口工事のお客様訪問。
 午後、1時半から共有林組合の総会。10人長の役割もこの日で終了。

 途中電話で総会を中座してお客様訪問。
 お客様の休みの日にはなにかと既存のユーザーからの電話が多い。
 春先に向けての準備が、各家庭でおこなわれているのだろうが、リフォームの補助金の申請受付がまもなく始まる。

 今週は不安定な気候。
 3月も終わりである。
 気分良く終わって、気分良くスタートしたい。

03-21

2019

陽気にさそわれて。

 季節を間違えたような気温である。
 あさの気温が、氷点下になっても、日中の気温は20度近くまで上がる日が今日まで続く。
 うちの近所では雪囲いの取り外しが始まった。
 例年なら4月に入ってから始まる作業が半月以上も早い。
 仕事のあいまをぬって、近所に遅れまいと思うのだが、なかなかすすまない。

 月曜日は、工事の発注業務と工期の打合せ。ほかに新たな工事の現場案内を2ヵ所。
 火曜日は、さまざまな細かい仕事や連絡を早めにやって、雪囲いの外しかたに着手。
 やっている最中にも電話がひっきりなしに入って中々進まない。
 結局5分の1くらいしかできず、あと一週間はかかりそうだ。今月中に終わればいいと思うことにした。

 水曜日、久々の休み。上天気である。
 雪囲い外しにはもったいない。遠出をすることにした。

 喜多方市、山都の奥の沼の平地区の福寿草が咲きだしたという。
 今月の23日からの「福寿草まつり」を一週間早めることにしたという連絡。行かねばなるまい。
 9時過ぎに出発して、まずは米沢の「伝国の森」へ。
 福島県立美術館で開催される伊藤若冲展の前売り券を買いにいった。人気があって品切れとのこと。
 午後には再入荷するので、連絡をくれるとのこと。

 121号線から「まほろば街道」を通って495号線で山都入り。12前には会場に着いた。
 いつもの年には大量に残っている雪はほとんどなくなっていた。
 一面の福寿草の群生。だんだん規模が大きくなる。
 いつもの「福寿草爺さん」が、今年も元気な姿を見せてくれた。しばしよもやま話。

 山都の町を通って会津坂下に向かう。
 地酒を専門に扱っている酒屋さんに立ち寄る。2本調達。

 坂下の道の駅に立ち寄り、無料の高速で喜多方まで。
 121号線を米沢まで。連絡があった「伝国の森」でチケットを受け取る。

 今日が春分の日だけに、暗くなるのがだいぶおそくなった。
 明るいうちに帰宅して、9時前には寝てしまったようだ。
 

03-18

2019

年度末。

 3月も中旬を過ぎると年末よりあわただしくなる。
 特に今年は、消費税の税率アップに伴う、住宅建築の工期が10月を過ぎる場合の経過措置が、3月末日までの契約が条件ということで、今月いっぱいは休む間もない忙しさである。
 それに加えて、4月の補助金の受付や住宅建設資金の借入れの利子補給の受付に向けての準備など10件以上がたまっている。
 そして3月は総会の季節でもある。
 21日は区の総会、24日は共有林組合の総会である。
 総会に向けての準備や案内状の配布など、仕事の合間をぬってやらなければならない。

 木曜日の夜は、水曜に続いての契約。
 金曜日はそれに伴う住宅ローンの手続きや、22日の地鎮祭の段取りなど、煩雑な仕事が多い。
 
 土曜日は打合せの来客が多い日。
 午前中は上棟日は打合せと、もう1件、外構の相談。
 午後は契約内容の細部の確認。
 空いた時間に共有林組合の案内状配布。
 そして夜には、また訪問の打合せ。

 日曜日、来客の応対。
 夜には地区の役員の慰労会で天童ホテルまで。
 6時開会なのに30分も遅れていった。
 宴会はすでに盛り上がっており、追いつくのに大変であった。
 一次会が終わって、みんなは二次会に繰り出したが、私は月曜の早朝作業があるために泊らないで帰宅。

 今日からまた忙しくなる。
 定休日くらい休みたいのだが。