創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

04-12

2018

筆甫(ひっぽ)のウバヒガン桜。

 3月の初めに丸森町には行ったばかりである。
 角田市の郷土資料館と丸森町の齋理屋敷のお雛様の展示を見てきたのであった。

 最近の異常ともいえる高温のため、各地の桜の開花が一週間以上も早まっている。
 数年前から「東北・夢の桜街道」を見て歩いているが、福島・宮城・山形だけで、きた東北の3県は数か所しか訪れていない。
 ネット情報によれば、秋田は昨日の段階では開花していない様子。
 
 午前中だけ天気が良いというので、午後には帰ってこれるところを探した。
 宮城県でまだ行っていない近いところが「筆甫の桜」である。

 朝7時過ぎに家を出る。
 113号線を通って、白石・角田。市内に入る前に南下して丸森町の案内所に。
 聞いてびっくり、中心部から1時間近くかかるという。
 それもそのはずで、丸森町は宮城県の最南端、筆甫はそれの最南端で福島県と境を接している。
 県道45号線の山道をえっちらおっちら登っていく。
 車がすれ違えないところが所々にあって、対向車待ちも何回か。

 小高い丘の上に小さな薬師堂が立っている。
 そのお堂を守るように、ウバヒガン桜が見事な姿を見せている。
 エドヒガン桜の一種だが、樹齢は500年とも600年とも言われている。
 高さは約30メートル、幹回りは10メートルはあろうかという巨木である。
 何百本・何千本の桜並木もみごとなものであるが、1本の桜でも圧倒するものがある。
 誰もいない桜の下でしばらくの時間をすごした。

 周辺を散策して、丸森町の中心部にもどる。
 途中、国民宿舎やキャンプ場のある不動尊エリアを散策する。
 町の食堂で昼食。

 角田市に戻って、113号線を戻る。
 高蔵寺に寄ってみる。
 桜祭りが終わったばかりだが、奥の滝まではまだまだ満開の桜が咲いているという。
 川沿いを上流に歩く。
 砂防ダムをふたつ過ぎたところに小さな滝があった。
 かなりの距離だが、良い運動になったようだ。
 途中「根性の杉」と言う、人を馬鹿にしたような立て札があり、思わず苦笑。

 1時間ばかり遊んで、花吹雪に送られて帰途につく。
 七ヶ宿あたりで雨になってきた。
 ラジオの国会中継は、相変わらず国民を愚弄する答弁ばかり。

 5時半帰宅。
 8時過ぎに熟睡。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する