FC2ブログ

創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

03-05

2018

胃カメラと葬式と。

 2日の金曜日、朝の8時半から胃カメラの検診に行ってきた。
 胃を洗浄する薬を飲んで、鼻に麻酔薬を注入してと、あまり良い気分ではない。
 鼻から注入する胃カメラで、喉からのよりはずっと楽である。
 検診は10分足らず、私も画像を見ながらの診察である
 結果は問題なしとのこと、一安心である。
 実は、この日元社員の葬儀が午後に控えており、そのこともあって一抹の不安もあったのだ。

 自分の健康問題が解消されたとはいえ、晴れ晴れとした気分にはなれない。
 午後1時半から、元社員の葬儀が行われた。
 68歳とまだまだ若い年齢である。
 肺と肝臓の癌、何故早期に発見できなかったのか。
 余命を宣告されたとき、家族旅行で沖縄に行ったとか、彼らしい優しさである。
 社員のほとんどと多くの協力業者さんが参列した。
 大工仲間の友人と仕事を依頼した方が弔辞を奉呈してくれた。
 いずれも、人柄と仕事の丁寧さに対する賛美と、若くして逝った人への哀悼の言葉だった。

 私と学年が同じであった。
 社員というより、同い年の仲間として付き合ってきただけに、まだわだかまりがあるようで、鬱々とした週末であった。
 
 土日、嘘のような好天であった。
 黙々と仕事。
 車庫の前の固い雪が無くなっただけなのに、ほっとしている。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する