創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

02-22

2018

除雪に思う。

 今日は朝から好天であるが、気温は依然として低温注意報のままである。
 かなり気温がひくかったため、2階の洗面所の凍結が気になっていってみたが、セーフであった。
 一応の保温はしてあるのだが、昨日の夜は水抜きをしなかった。
 今年は、水道の凍結の電話が現時点で4件ある。
 一件は3日間ほど留守にしたとの事。あぶないあぶない。
 あとは、かなり前に他社で建築した住宅で、床下換気孔を開けっ放しにしたり、長いあいだ使用しなかった場所。
 いずれにしろ、朝の3時から6時位の間が一番あぶない。
 前の夜からの対策が必要であるが、忘れてしまうのが人間というもの。

 昨日の定休日、米沢まで足を伸ばした。
 行く時は、楢下から高畠に抜けて、県道1号線米沢入り。
 除雪がきれいになっているし、通行車両もすくない。13号線よりはよほどスムーズである。
 米沢市内は除雪状態が非常に悪い。街中も住宅街も車一台がやっとという所が随所にみられる。
 積雪量が多い地域ほど除雪が上手だと思っていたが、米沢市内は道路が狭いせいかそうでもなかった。

 除雪費の予算がどの市町村でも底をついているらしい。
 除雪に携わっている友人の話では、今年は例年の1.5倍の出動回数だと云う。
 また大雪が続くとなれば、去年の倍の回数になるだろう。
 市町村の予算だけでなく、個人の生活にも大きな影響があり、税制面でも配慮が必要だろう。

 昨日、家の前の道路幅を確保するために、ミニロータリー車がやってきたようだ。
 例によって、車庫の前と家への通路前に雪の塊をおいていった。
 日中留守にしたため、片付ける時はカチカチになっていた。
 道路を広げてくれるのは、ありがたいことではあるが、困ったものでもある。
 前の家も、裏の家も老婦人の一人暮らしである。
 時々手伝って片付けてあげるが、いつかは私も片付けが無理な日がくる。
 地域ぐるみの対策が必要である。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する