創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

10-18

2017

立上り部分仮枠組み

DSC_0913.jpg

DSC_0916.jpg

基礎立ち上げ部分の仮枠を組みました。
施工精度も高く、かつ脱型後の仕上がりもきれいな鋼製型枠です。
立ち上げ部分の基礎巾、高さが設計寸法通りに組まれていることを確認し、
コンクリートの打設準備が整いました。

1枚目の、画像手前に見える長い金物は、ホールダウン金物です。
これは、地震などの際に柱が抜けてしまわないように取りつけられる接合金物で、
地震や台風などの災害時に大きな力を受けやすい、家の四隅などの重要な部分に取りつけられます。

10-16

2017

コンクリート打設

20171017003917572.jpg

20171017004210635.jpg

JIOによる鉄筋検査に合格しましたので、
コンクリートを打設しました。
リズムよく現場に運び込まれる生コンを、
打設ポンプ車がブーム圧送し、
鉄筋のかぶり厚さの確保、そして土間の厚みを確認し、
バイブレーターをかけながらコンクリートが打たれました。

10-13

2017

鉄筋組み

2017101316143213e.jpg

20171013161434cab.jpg

仮枠を組み、配筋ピッチや継手、定着長さなど
図面に基づき鉄筋が組まれていきます。

写真2枚目真ん中当たりの鉄筋組の下に置いてある黒い物は
スペーサーブロックといい、鉄筋の下に敷くことで、
鉄筋の下側のコンクリートの厚み(かぶり厚)を確保できる
重要なものです

10-10

2017

防水シート、捨てコンクリート打設

2017101015053277d.jpg

20171010150533445.jpg

転圧した上に防水シートを施工しました。
基礎の墨出しや 配筋の正確さを確実なものとする為に
捨てコンクリートを打設しました。
周りのグレーの部分です。
次に墨を出して、図面にそって鉄筋組みに進んでいきます。

10-07

2017

工事着工

20171007113839789.jpg

201710071138375cd.jpg
ランマーを使い転圧していきます。

201710071138367c2.jpg

基礎工事が始まりました。基礎底盤の下地をつくる根切りという作業で,
重機で遣り方墨を確認しながら基礎形状を掘削し、そこに砕石が敷かれ、ランマーにより、転圧をかけ閉め固めていきます。