創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

10-19

2017

久々の休日。

 月曜日は朝から来客が多く、思うような仕事ができなかった。
 銀行やらチラシの打合せで時間がとられ、その合間にも何人かの来客。
 昼時間、谷地の紀の代まで河北ロータリーへのメイク出席。
 土曜日のインターシティーミーティングへの出席のお願いである。
 2時からは又舗装工事の打合せなど、夕方まで忙しかった。
 6時から「おくら会」の集まりで、先日収穫した子姫芋での芋煮会。

 火曜日、朝一で田村医院での診察。4か月ぶりである。
 特に心配するほどでないが、尿酸値と血糖値の値が上がっているとのこと。
 運動をするように、野菜を多くとるようになど、生活習慣病の予防を指導された。
 昼はロータリーの例会。
 午後は通常の業務。

 水曜日、久々の休日。
 山歩きをしよう、紅葉を見ようと、朝8時過ぎに家を出て蔵王に向かう。
 ドッコ沼に行く道路上には落ち葉が積んだように散っていて、残念ながら紅葉が終わっていた。
 片貝沼周辺も同様に、葉の落ちた立木だけが目立っている。
 
 温泉街を下りて、紅花トンネルを通って山寺に足をのばす。
 こちらは紅葉にはまだ間があるようで、あと一週間くらいか。
 面白山を経由して天童高原まで上る。
 周辺の少し高い山は色づき始めているが、本格的な紅葉はもうちょっとというところか。
 例年のことだが、花も紅葉も定休日にはなかなか合わせてくれない。
 田麦野の蕎麦屋で、主人と熊やイノシシの話をして気をまぎらす。

 2時過ぎに帰って、選挙広報を配ったり、芝生の落ち葉を集めたりで一日が終わる。
 6時には風呂に入って、9時前には寝るという久しぶりの休日。
 

10-16

2017

寒さが忍びよる・・・。

  今朝の気温も10度をきっていた。
  思えば、例年は残暑が厳しい9月だが、今年は秋の長雨よろしくはっきりしない天候が続いた。
  紅葉が一週間くらい早いという。
  蔵王の山頂付近はすでに紅葉が終わって、ドッコ沼より下にさがってきたというし、月山はリフト乗り場まで下がってきたという。
  あと一週間もすれば里山が色づくのかもしれない。
  ほとんどの農家が米の収穫が終り、冬仕度にはいる準備がはじまった。
  柿もリンゴも、ラフランスの収穫は今からだと云うのに、なんだか季節感おかしくなっている。
  我が家にも、ちょっと気温があがると、カメムシがまとわりつくようになった。
  今年は雪が多いのだろうか。

  現場の数が多くて監督たちはてんてこ舞いだが、会社全体としては何となく活気づいている。
  私も、それにつられるように夜の会合が多くなってきた。
  今週の土曜日に開催されるロータリーのインターシティーミーティングの準備が大詰めをむかえている。
  金曜、土曜はそれに忙殺され、昨日の夜は新しい大工さんとの打ち合わせのため夜に山形まで。
  今日は「おくら」の仲間たちとの収穫祭。子姫芋が届いたなら断りきれない。

  木曜からまた3連ちゃんの夜が待っている。
  明日の朝は定期健診が予定されている。
  早めに帰ることにしよう。

10-12

2017

現場が忙しい。

 今朝も現場の監督たちは直行である。
 大小合わせて10件以上の現場となると、3人の工事監督だけでは大変であろうが、朝のミーティングは営業中心になってしまってテーマが限られてしまう。
 こんな時期だからこそ、技術や品質のことを話し合うべきなのだが、夕方になってしまう。
 全員が、自分以外の仕事に目をむけて、フォローしあう体制をつくるしかない。
 私自身が全体に目配りし、細かい点を見落とさないようにしなければ。
 雑用係も率先して引き受けよう。

 火曜日、午前中は役所での書類手続き。
 午後は、農業試験場への職場訪問。1時間ばかりの短時間であったが、かなり勉強になった。
 ロータリー会員のご母堂の葬儀もあったのだが、代表して幹事に行ってもらった。
 終了後、造成地の電柱移設の相談や、水曜日の地鎮祭の件で走り回る。
 夜も、日中に会えなかった社員との打ち合わせや、販促の相談。

 水曜日、定休。
 午前中は、いままで出来なかった家事労働や庭の片づけなど。
 午後、新規着工の地鎮祭。普通は午前中にやるのだが、大安吉日、神主さんも忙しいらしい。
 3時前に終わったが、遠出もできず。

 選挙が始まった。
 予想していたとおりの展開になりつつある。
 ファシズムがひたひたと近寄ってくる。
 左派もリベラルも、総じて危機感の欠如。
 国民よりも我が身可愛さの自己保身、矜持も信念もない当選第一主義。
 
 「原野商法」や「マルチ商法」の被害者が何回も騙されるような、そんな「有権者」たち。
 「お前が国難」と「排除の女帝」ではなんともならない。

10-09

2017

天高く・・・。

 今朝も朝から好天である。
 おとといの雨や地震がうそのように、稲刈りも最終版の様相である。
 月山の初冠雪の便りも届き、紅葉も段々里に下りてくるようだ。

 そのような、秋の訪れのなか、会社の分譲地の造成工事がやっと始まる。
 だいぶ遅れてしまったが、雪が降る前に販売を開始したいものだ。

 連休最終日である。
 水曜日定休の我々にとっては、あまり関係のないことだが、社員も2.3人は休んでいる。
 わたしも、痛めていた腱鞘炎が完治したわけではないが、少しは動けるようになってきたので庭の手入れぐらいはしてみたい。
 すっかり構わないでいたので、雑草がかなり伸びてきたし、落ち葉も目立つようになってきた。

 朝の作業をさぼっているあいだ、体重も体脂肪も上昇中である。
 今から(食欲の秋」、さまざまな秋の実りが届く。
 馬ならぬ豚にならぬように。

10-05

2017

だんだん寒くなる。

 今朝は7時半から中山町で新築の地鎮祭があった。
 寒い朝であったが若い施主様は、希望に胸をふくらませて元気いっぱいである。
 お子様も眠い目をこすりながらの出席、終わる頃には元気に跳ねまわっていた。

 月曜日は分譲地造成工事の打ち合わせや、着工に向けての提出書類の整理などに時間がかかった。
 合間にロータリーのインターシティー・ミーティングの準備や、金融機関との打合せなどがあり遅くまで仕事。

 火曜日、朝一に月始めのミーティング。
 現場が忙しいので早々に切り上げる。
 昼時間、大江町のきくやさんにロータリーのメイク。暖かな歓迎を受ける。
 急いで帰ってシンフォニーに。夜の会合の打合せ。
 昼からは又、提出書類の作成と整理。
 夜6時半から、インターシティ・ミーティングの各クラブの担当者との打合せ会。
 4つの分科会の役割分担や進行方法について話し合う。
 懇親会では、各クラブの近況報告などで大いに盛り上がった。

 昨日水曜日、定休にもかかわらず午前中は仕事。
 午後からは雨模様で遠出もできず、読書と昼寝。
 夜、仲秋の名月はあまりかんばしくなく、今日の十六夜の月に期待する。

 山形の3人が「希望の党」で出ると云う。
 野党の選挙協力ですら当選がおぼつかないのに、これで目がなくなったようだ。
 それにしても、政治家の自己保身と変わり身の早さには呆れかえってしまう。
 そして、信念が無いが故の政治感覚の欠如は、「くもの糸」さえ自分で切ってしまう。

 「安全」を呼号して「戦争」に突っ走る政権。
 追随する「女帝の党」と「維新」。
 
 だんだん北風が強くなる。
 寒くなる。