fc2ブログ

創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

02-29

2024

春のきざしを探しに行く。

 今日で2月も終わりである。
 今年はうるう年、一日得したような感じがして、月末であるにもかかわらず、昨日の定休日に蕎麦をたべにいった。
 今月は何かと忙しく、あまり食べに行く時間がない。

 会社に顔を出して、11時ころから白鷹に。
 いつもの「そば切り八寸」。いつも通りせいろとげそ天。

 そば屋の駐車場の脇に福寿草が何輪か顔を出している。
 もしかしたら、あそこにも咲いているかもしれないと思ったが、それは後回し。

 食後、白鳥の群れを探しに長井を経由して川西方面に。
 今年は庄内の白鳥の北帰行が3週間ほど早いという。
 雪が少なく、エサが豊富だったこと、田んぼに水が少なく土の中のエサを取りにくくなったことなどが原因だという。
 それでは置賜の方はどうなのか。
 県道10号線を川西方面へ。
 途中、市道・町道・県道などをうろうろして、何か所かで30~50羽くらいの群れを見ることができた。
 飯豊町のスワンパーク周辺でもあちらこちらに群れていた。

 長井の市役所となりの図書館や児童の遊戯施設が入っている新しい建物で一休み。
 ドトールコーヒーショップが入っている。

 白鷹に戻って、福寿草を探す。
 まだ早いかなと思っていたが、いつものところにかなりの数が咲き始めている。
 福寿草も3週間ほど早いようだ。

 久しぶりに馬刺しを買う。

 近くの寺に行ってみた。
 ここにも咲いていた。

 348号線で山形市内まで。
 国道沿いの西部工業団地の近くにも白鳥の中継基地があるはず。
 思った通りだった。

 春のきざしを見つけた一日、締めは秋田の「山本」。

02-26

2024

葬式が続く。

 金曜日から3日間の相談会の間に、土曜日に分家の葬式があった。
 9時集合の3時葬儀、その間に出棺や火葬があって1日がかりである。
 今月1日には本家の葬式があったばかり。

 今年は年明けから葬式が多い。
 1月6日には隣組でお客さんでもある家の葬式の手伝いから始まって、お客様のご家族の葬式、業者さんの葬式など、10件近くにもなる。
 分家の葬式が終わって一息ついたと思ったら、明日またお客様のご家族の葬儀だという。
 三が日が終わってすぐの葬式がある年は、葬式が多いというがまさにその通りになった。
 ましてや今季の冬のように、温かいとはいえ寒暖の差が激しい日が続くと、急になくなる人も多いのだろう。

 葬儀の形態も様変わりである。
 コロナ以前と比較すれば、隔世の感がある。
 
 墓じまい、寺離れなど様々な問題がある。
 高齢化や過疎化がますますひどくなる現在、死者との向き合い方がどうなるか。
 家族や寺や葬儀会社だけにとどまらず、老健施設の今後にも激変の時が来そうである。
 

02-22

2024

これが平年並みだという。

 除雪車がやってきた。
 昨日からの雪がけっこう積もったのだろう。
 4時半過ぎに起きていたのだが、外に出ることもなくのんびりとコーヒーを飲んでいた。
 新聞を読んでいたら除雪車の音。
 急いで外に出た。
 遅かりし、車庫の前に雪の塊がしっかりと置いてある。
 除雪機で車庫前から飛ばし始める。
 近所の人たちも出てきて一斉に雪片付けである。
 重い雪だった。

 会社でも雪片付け。
 久しぶりにいつもの冬に戻ったようだ。
 一昨日までの春の陽気は吹っ飛んでしまって一気に冬に逆戻りである。

 この雪が1週間前から降っていれば最上町のスキー会場も助かったであろうに。

 それでも、我々にとってはいらない雪である。

 雪片付けで時間を取られてしまった。
 朝から様々な電話が入る。
 出かける時間である。

02-19

2024

これが2月か。

 今日は二十四節気でいう「雨水」だという。
 暦も二十四節気も、関西・関東を基準にしたものであり、季節感から言えば東北には当てはまらない。
 しかし今年の場合は、暦も二十四節気もなんお参考にもならない。
 昨日今日は3月下旬だとか4月上旬並みの気温だという。
 これも過去の統計からのあてはめに過ぎない。
 地球温暖化という。
 二酸化炭素の排出量が主原因のように言われているが、そればかりではあるまい。
 太陽系の変化そのものを明らかにしなければ理解ができないような気がする。
 今日を境に、夜には雨になり明日には気温がぐっと低くなるという。
 三寒四温などというありふれた用語は通用しなくなるのかもしれない。
 山形市では梅は当然のこと早咲きの桜も開花したという。
 フキノトウは目にしたが福寿草はいつになるのか。
 白鳥の姿を時々目にするが、北帰行が始まったのかはわからない。
 とにかくわからない。
 この異常な気候の動きが、これからどのような影響を各方面に及ぼすのか。

 今、国を挙げて住宅省エネ2024キャンペーンなるもを宣伝している。
 リフォーム工事で窓を断熱化すれば最大電力200万円、組み合わせによっては280万円の補助金がでる仕組みだ。
 環境省は先進的窓リノベ2024、国交省は子育てエコホーム支援、経産省は給湯省エネ2024という名称で、予算を分捕ってばらまこうとしている。
 このような国の予算の使い方は決してほめられることではないが、お客様のためなら使わない手はない。
 今月から、国だけでなく市や県も含めたあらゆる補助金の中身や利用方法の相談会を開くことにした。
 住宅ローンや税金まで、分かりやすいパンフレットを社員が作った。
 さて、何人のお客様にサポートできるか。
 手始めに23.24..25日の3日間やってみようとおもう。

02-15

2024

この陽気はなんだ。

 今日まで10℃以上の気温が続くという。
 今夜から気温が下がって明日は雪が降るという。
 この寒暖の差は何だと言いたい。
 梅の花、桜の開花、どこもかしこも「早い」ということがニュースになる。
 我々にとって雪のないことはいいことなのだが、そうでない人も多い。
 冬季国体が迫っている。
 赤倉も蔵王もコース作りに大わらわである。
 除雪の業者は、除雪車両のリース代もはらえないと嘆いている。

 農作物にどのような影響を及ぼすのか。
 さくらんぼの花の開花が早まって、そのあとに大きな寒波がきて霜の被害が来たらどうなるのだろう。
 その時期に受粉に必要な蜂が飛ぶのかどうか。
 水不足にならないか。
 ふあんは尽きない。
 こんな話がお客さんとの最近の話題である。

 私の心配は花粉がいつから飛ぶかということである。
 杉の林がかなり赤くなってきた。
 鼻がむずむずするのは、もう飛んでいるのかもしれない。
 ようやくはずしたマスクがまた必要になる。

 なんだかんだ言っても春は待ち遠しい。