FC2ブログ

創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

09-28

2020

青少年野球大会。

 26日、27日の土日にさくらんぼロータリークラブ青少年野球大会が開催された。
 参加チームは6チーム、段々少なくなっている。
 今回で22回目の大会だが、最初のころは12から13チームが参加し、各小学校ごとのチームであり、寒河江中部小や寒河江小学校は2チームづつ参加するほどの規模であった。
 それが今や、一つの小学校で9人のメンバーを集めることが困難になってきている。
 少子化と一言では語れない。サッカー人気や他の競技への移行、それと塾通いなど様々な要因がある。
 それと、チームによっては来年の存続が危ぶまれる年齢構成になっている。
 たとえば、南部小学校の寒南ガッツは12人のメンバーのうち9人が6年生である。
 6年生が卒業してしまうと残りは3人だけになってしまう。
 他にも似たような構成になっているチームがある。
 コロナ騒動でまともな練習ができなかった子供たちは、ここぞとばかり元気にプレーしてくれた。

 幸生小学校が今年度で閉校になり、白岩小学校に統合されることが決定した。
 過疎化、少子化で全国的に同様の事態が起きている。
 隣の西川町では小中学校とも一校になってしまった。
 学校がなくなるということは、単に教育の効率化という財政面の問題だけでなく、反面過疎化を促進し、村落共同体の崩壊を加速させる。
 経済のグローバル化、東京一極集中の弊害が叫ばれてきたが、一向に改善の兆しはない。

 最近発足した菅内閣は、少子化対策として不妊治療の保険適用を掲げているが、そんな小手先で解決できる問題ではあるまい。
 根本的には、過去のあらゆる政策が地方の経済を破壊し、労働力を都市圏に吸い上げ人口流出を加速させてきたこと。
 そして、一億総中流といいながら一億総貧困を強いてきたこと。
 要は、安心して子供を産める賃金を払っていないことが最大の原因である。
 教育・医療・福祉の充実をどの内閣もどの政党もかかげる。
 しかし、それを受ける国民の生活が、結婚できない、子供を産めないほどの水準の低所得なのが実態である。

 人気取りのスローガンはもうたくさんである。
 本当の原因はどこにあるのか、それを突き詰め解決するしか問題は片付かないのである。
 小手先の対処療法は、病状を悪化させるだけである。

09-24

2020

台風の影響はどうなるか。

 この連休、各地の行楽地は今までのうっぷんを晴らすかのように大勢の人であふれたという。
 この結果が2週間後のコロナの感染者数に表れるとなると少し恐ろしい気がする。
 
 連休が終わったと思ったら台風12号の到来である。
 予報が外れて、今のところ東にそれているが、まだまだ予断は許されない。
 昨日の天気予報では、今頃雨が降っているはずだがまだその気配はない。
 7月末の大雨でこちらにも被害が出たばかりなので安心ばかりしていられない。

 あと1週間で今月も終わりである。
 今月最後の休みであった昨日は、なんとか天候だけはもってくれた。

 霊山の彼岸花はまだ咲かないという。福島は雨模様である。
 近くで蕎麦を食べて、早く帰って休息の一日にすることにした。

 モグラ穴の始末をして、会社に行ってから、おもむろに出かける。
 米沢の南原そば会館は休みだという。
 急遽「蕎酔庵」に変更、十割の普通盛り。

 一回は行ってみたいと思っていた水窪ダムに向かう。
 ダムの半分を周遊するコースを車で回って見たが、立木が繁茂していて何も見えない。
 つまらないダムであった。

 帰りに雅山流の極月を購って帰宅。
 栗ごはんが待っていた。 

09-21

2020

シルバーウイーク。

 世の中、連休なのだそうである。
 明日の火曜日までということだが、会社は世の中の動きと関係なく毎日出勤である。
 現場は休みの人もあるが、客商売の営業部は当然のように出勤で、今がお客様との打合せの数少ない好機である。
 当然私も休みなしの日々だが、今日は敬老の日で地区の用事がある。
 いつもの年だと、75歳以上の高齢者を招待して祝賀会を催すのだが、今年はコロナの影響で中止。
 その代わり、紅白の饅頭と紅白のソウメンを個別に配るという幼児である。
 88歳の米寿の方には紫の座布団も特別に準備した。

 今回の連休、コロナで「自粛」を強いられた人たちが、自粛解禁をうけて大挙して動き出した。
 航空も新幹線も、久しぶりの混雑だという。
 「感染の防止と経済の両立」というが、今回のGoToキャンペーンの東京排除の解除がどう転ぶか。
 何らかの緩和策が発表されると東京の感染者が増えるというのも皮肉な現象である。

 昨日の市内は何日か遅れの八幡様の行列が巡り歩いた。
 いつになくひっそりとしたさみしい光景であった。

 唯一の息抜き場所である「ラハイナ」も3日間も休みである。
 どうやってすごそうか。

09-17

2020

広大な蕎麦畑。

 昨日から左沢高校の男子生徒1名がインターンシップで会社にきている。
 少子化の影響でクラスは22名、女子の方が多いそうである。
 最近の子供たちにみられる、控え目でおとなしい生徒がやってきた。
 3日間で大きく成長するわけではないが、少しでも建築やCADに興味をもってもらうべくプログラムを準備している。

 月曜日はなにごともなく平穏な一日。
 火曜日は、昼にロータリークラブの例会。寒河江警察署長のゲストスピーチ。
 夕方5時からちょっとした私的な会議が入って7時まで。
 珍しく早めに帰宅して読書とおもっていたが、3ページでダウン。

 水曜日、早朝の草刈り。
 普段通り会社に出社して、インターンシップの生徒と面談し、一日のスケジュールの打合せ。
 現場を案内したり、図面の作成の方法を会社の指導担当者と打合せしたりで、10時過ぎまでかかってしまった。

 水曜日の蕎麦は北に行くと決めた。
 次年子の手前の「おんどり蕎麦」と思って出かけたが、臨時休業。最近これが多い。
 やむなく、まっすぐ進んで「源四郎」へ。板そばの並盛。

 県道36号線から30号線に左折して大蔵村へと思ったが通行止め。
 やむなく迂回して、13号線を北上し、舟形から大蔵村へ。
 役場や小屋酒造周辺を散策してから、肘折方面へ。
 途中、戸沢村に抜ける道に入る。
 山道を延々と走っていると、ところどころに小さな蕎麦畑が点在している。
 登りきったあたりで平坦になり、道路も広くなる。
 ここに広大な蕎麦の畑がある。
 前は牧場か牧草地であったと思われる場所だが、見渡すかぎり蕎麦の白い花が続いている。
 まるで、新雪におおわれた大地のようである。
 高台からみたり、畑のなかの道に入ったりして1時間近く遊んだ。

 去年通行止めで行けなかった大蔵村の南山にも行ってみたいと思い、戸沢村から大蔵村に抜ける道にはいる。
 進んでいくとゲートが閉まっていてやはり通行止め。
 Uターンして戻ろうとしたら、ゲートの先から軽トラックがきてゲートを開け始めた。
 話をしてみると、杉を伐採していて、今から木を道路に出すのでしばらくそこにいるという。
 ゲートを開けてもらって、南山の蕎麦畑まで山道を走る。
 車がほとんど通らないせいか、落石や折れた枝がちらばっていてかなりの難コースである。

 平坦な場所に出た。
 道路の両側にこれもまた広大な蕎麦の花の平原。

 ここは時間をかけずに見て、ゲートで待っててくれた方に迷惑にならないように早めにもどった。
 戻ってみると、作業をしながら待っててくれた。
 この近くの集落が生まれたところで、今は天童市に住んでいるとか。
 とにかく周辺の道路に詳しい。
 安全で時間のかからない帰路を教えてもらって、町にたどりついた。

09-14

2020

秋の風。

 昨日から降り続いた雨が今は止んでいる。
 ようやく涼しくなってきたようだ。エアコンなしでも窓を閉めてもあつぐるしさを感じずに寝られるようになってきた。
 もうすぐ彼岸の入りで過ぎれば秋分の日である。

 今週水曜日から左沢高校の一年生がインターンシップにやってくる。
 毎年恒例の行事だが、今年は1名だけになった。生徒数が少なくなっているとのこと。
 先週木曜日に男子生徒があいさつにやってきた。

 田んぼが黄金色に輝きだした。まもなく稲刈りが始まるだろう。
 蕎麦畑が白一色になってきて、秋らしい風情がいちだんと高まってくる。
 もう少しで、あちらこちらに彼岸花の強烈な赤い色が見えるだろう。
 秋がそこまでやってきている。

 彼岸花と言えば、我が家にも彼岸花の苗が届いた。
 モグラが庭を荒らしている。いろんな対策を講じているがいっこうに効き目がない。
 話を聞いた友人が彼岸花の苗を持ってきてくれたが、効き目があるかどうか。
 とにかく植えてみよう。

 今日自民党の新しい総裁が決まる。出来レースの利権政治の延長である。
 野党の構図も決まった。新味の無い数合わせである。
 何をとち狂ったか、舟山参議院議員が国民民主党に加わるという。
 無所属故に、多くの支援者が集まったのだと思うが、永田町の論理にはまってしまったか。