fc2ブログ

創建のスタッフブログ

現場進行状況報告・住まいの情報etc

01-24

2022

コロナと雪と。

 7時ころにちらちらと雪が舞い降りたが、今は日差しが心地よい。
 大寒が過ぎて、一度だけ除雪車が出たが、昨日も今日も朝の雪片づけをしないで済んだ。
 朝に余裕がある分だけ、日中は周りの雪が気になりだす。
 車庫の雪は大きな塊になって落ちてくるし、雪下ろしの後の高い山も気になる。
 塀の脇の道路の雪もかなりの高さになっていて、崩れないかと心配である。通学路になっているだけになおさらである。
 暇を見つけてはすこしづつ片づけているが、腰と肩と首にもガタが来ているようで、なかなか思うように進まない。

 雪にかまけている間に、コロナの感染がひどい状況になっている。
 終息しつつあった県内の感染状況は、一転して過去最高を記録し続けている。
 市内でも例外ではなく、ぽつりぽつりと飛び出してくる。

 人と接触しないのが一番の予防方法なのだろうが、社会生活を営むうえでは不可能なことである。
 意識的に危険を避けるしかない。

 お客様との打ち合わせや現場での職人さんとの打ち合わせなど、どうしても必要な会話がある。
 ルールを守って感染対策をしているが、今のところは感染者が出ていない。

01-20

2022

大寒。

 今日は大寒。一年のうちで最も寒い日ということである。
 暦の上ではそうなのであろうが、ここまで実際の天候と一致するのも珍しい。

 今朝は我が家のところでは除雪車の出動はなかった。
 昨日は定休日のため起床が遅かった。普段は除雪車の出動に備えて車庫前の雪を片付けて待機しているのだが、すでに遅し、大量の塊がうんざりするほど置かれてあった。
 片づけ終わったのが8時過ぎ。
 そして、一連の作業が終わったのは昼近くであった。
 休日の蕎麦屋巡りも行く気が起きない。
 午後からは横になって本を読んだりまどろんだりの繰り返し。
 夕方になって正常に戻って、長めの風呂のあと、早めの晩酌。
 9時前には寝てしまった。

 このような生活がいつまで続くのか。
 立春が待ち遠しい。暦通りの天候であることを望む。

 コロナの猛威が止まらないようだ。
 年末年始のゆるみが、そのままの形以上に感染を広げてしまっている。
 市内でも県内でも、どうなるか予想がつかない状態のようだ。

 すでに会社の新年会は中止にしたが、何件かの中止の連絡が入っている。
 このままでは、年度代わりの様々な行事も昨年同様に中止になることが予想される。
 雀の涙以下の協力金や補助では立ち行かない店舗がますます増えていくだろう。

 対策は今もって後手後手である。

01-17

2022

建て方

20220114_101549.jpg

20220114_101923.jpg

20220114_105950.jpg

吹雪の中、建て方がはじまりました。
クレーンにより、大工さんの手に材料が運ばれ、
番付を確認しながら外周柱、内部柱と手際よく建て込まれ、
建て方は順調に進んでいきます。

01-17

2022

雪のことしか・・・。

 昨日今日と、珍しく二日続けて除雪車の出動がなかった。
 起床する時間は4時から5時にかけてと、毎日変わりはないが、少しだけ時間の余裕がある。
 コーヒーを飲む時間、新聞を読む時間、風呂の時間とゆっくりとできるが、出勤の時間が迫ってくると相変わらずバタバタとなる。
 春から秋までの庭の仕事は楽しみもあるが、雪片付けだけは何にもならない作業に思える。
 体重は確かに減るが、体中がポキポキと音を立てて悲鳴をあげている。

 13日からやった現場の雪片付けは、14日の上棟に間に合ったが、15日も引き続き片づけをやった。
 屋根の除雪と周りの排雪作業、これからの安全対策上やっておかなければならない。

 会社が始まって10日目、やっと本来の仕事ができそうだ。

01-13

2022

今日も雪。

 今朝は4時過ぎから雪片づけをした。
 昨日の定休日、朝と夕方に宅内の除雪をしたが、今朝は昨日以上の積雪。
 終わりころに除雪車が来て、車庫前と塀の脇をやり直し。いつまで続くやら。

 出社してまた雪片付け。
 会社は我が家と比べると積雪は少ないが、広さが違う。
 今日は、現場の除雪のために、重機がきているので短時間で終わった。

 今から明日から始まる建て方のための排雪作業である。
 冬場の恒例のことだが、こちらもだんだん高齢となる。

 そろそろ我が家の雪下ろしを考えなければならない。